All Self-responsibility

すべては自己責任。

初期費用500万、ランニングコスト月々50万かかって1年と持たずに潰れるカフェを横目に、無料で開業する方法

じめまして。

 

黒澤駿介と申します。

 

 f:id:shunsuke97:20170514145556j:plain

 

僕のことを知らない人ばかりだと思うので、

軽く自己紹介します。


現在は21歳。
1年半前、20歳の頃から
ネットを活用し、
個人で商売をして生活しています。


現在仕事はフリーランス

・コピーライター
・ビジネスセミナー講師
・ウェブマーケティングコンサルタント
・ケータリング、弁当屋

など。

f:id:shunsuke97:20170514145541j:plain

 

今では一人の事業家として活動できていますが・・・

 


今では一人の事業家として活動できていますが、

1年半前までは

親も友達も普通の会社員や学生ばかり。

 

起業するなんて

 

  • 「危ない」
  • 「まだ早い」
  • 「失敗したらどうするの」

 

馬鹿にされるから言わないようにしてました。

 

時々自己啓発やビジネス書を読んでは

「いつかは会社から独立したいなぁ」

と心の片隅で妄想するだけ。

 

f:id:shunsuke97:20170514183410p:plain

 

やりたいこともなく、

いやいやながらに会社に勤める

ただのサラリーマンでした。

 

そんな僕は、

借金してまで大学に行きたいとは

まったく思わなかったので、 

 

なんとなくやりたそうな「料理」

を仕事にし、とりあえず働いてみました。

 

f:id:shunsuke97:20170514150951j:plain

 

 

働く中で思ったのは、

・ずっと会社員として定年まで生きるのは、、、
・30歳くらいで独立・開業したい。

・でも、今は人脈もスキルも社会経験もないから

 とりあえず働くしかない。

 

そもそも高卒社会人1年目の僕が

夢のためにできることは

本を読んで、妄想を膨らませるくらい。

 

働き始めたころは新しい環境に

毎日疲れていたし、

忙しくて何も考えられませんでした。

 

f:id:shunsuke97:20170514213912j:plain


しかしそのなかで

「どんなに料理がうまくても、開業は難しい」とか

「うまくいくかは運だよ」

という周りの先輩料理人たちの実話を聞くうちに、

 

働き始めて1年ぐらいたった頃には

「このまま普通に働いても、30歳で独立できないな」

「もはや、お店を出したところで、

うまくいくがが運なんて、、」

 

という現実がわかってきました。

 

f:id:shunsuke97:20170514151051j:plain


だけど

まだ金も、社会的信用もない。

 

だから

開業はまだ早い。

とにかく今は仕事続けるしかない。

 

そう思い込んでました。



チャレンジと失敗

 


そんなよくある”なんとなく送る生活”に

終止符を打つ日が突然きました。

 

この事件がなければ

おそらく今でも会社に勤めていたと思います。

 

早く仕事が終わらないかと

時計をちらちら気にして

f:id:shunsuke97:20170514214330j:plain

休日を心待ちにし

休日も終わりに近づくと

「あー、明日からまた仕事か・・・」

 

これの繰り返し。

f:id:shunsuke97:20170514214410j:plain

 

終わりなど来るはずなどないです

 

定年まで、出勤の憂鬱と

つかの間の休日をぐるぐるするだけの生活。

 

この事件があって本当に良かった・・・

そう思います。 

 

 

f:id:shunsuke97:20170514151229j:plain

 

さて、その事件というのは・・・

 

 

肺に穴が開く

 

という病気。

 

病気になり、人生初の入院、そして手術。

 

f:id:shunsuke97:20170514151400j:plain

 

それがなぜ、会社を辞めて

起業する理由になるのか、

 

まだピンと来てない人も

いると思うので軽く説明すると、

 

要するにたまたま肺に穴が開いただけで、

これが命を落とす病気の可能性もありました。

 

まさか自分が明日病気になって

2カ月以上も入院し

手術をするという可能性を

 

あなたはどれくらい考えているのか・・・。


いつ何があるかわからない。

明日死ぬかもしれない。

 

f:id:shunsuke97:20170514151527j:plain

 

今の仕事を続けている理由は?

 

・正社員じゃないと危ない

・やりたいことがないから、外に踏み出す勇気もない

・今の会社である程度の年月を積まないと、世間に非難される

 

明日死ぬかもしれないのに、

周りをそんなに気にする必要があるのか?

 

そもそも、誰のための人生なのか。

 

今歩んでいる人生は、

いったい誰によって選択されてるのかを

しっかり考えてみたほうがいいです。

 

あなたの人生の責任を取れるのは、

あなただけですから。

 

f:id:shunsuke97:20170514150927j:plain

 

 

失敗を恐れて、現状を維持することに

何の意味があるのか。

 

 

さて、そんな考えに

完全に染まってしまった僕は、

 

今のやりたいわけでもなく、

逃げの精神で選んだ仕事を

変えることを決意しました。

 

しかし、

人脈もなければ社会的信用も、お金も、

起業するためのスキルもない。

 

「いきなり起業はできない・・・」

f:id:shunsuke97:20170514213115j:plain

 

仕方なく、起業するための

金をためるために就職しかないんだ。

 

でも、

転職しようと思ったけど

やりたい仕事はない。。

 

趣味を仕事にしても

料理を仕事にしたのと同じになる・・・


もうしかたないから

無理にでも飲食店を立ち上げようと思いましたが、

 

お金がかかりすぎるうえに

成功する確率が低すぎる。


色んな一般飲食店のオーナーに話を聞いたが、
やってることはみんな同じ。

 

けっきょく、運要素が強かったんです。

 

 f:id:shunsuke97:20170514150934j:plain

どうしようかと途方に暮れていた時



運命的な出会い


その出会いは、あるSNSで起こりました。

 

ある日、

フォローしてくれたアカウントの中に

 

”飲食店やアパレルショップの

経営コンサルを

個人事業主としてやっている”

という、男性からフォローが来ていました。

 

その人は、Aさんとしておきます。 

 

後日聞いたら

将来バーを開くのが夢で、

 

俺のアカウントに

”カフェを開きたい、料理人”

とあるのを見て気になったらしい。

 

しかし驚いたのは、その人は当時22歳。

俺のたった2歳年上で、

リアル店舗の経営コンサルを個人でやってる!?

 f:id:shunsuke97:20170514152852j:plain

 

衝撃でした。

 

アカウント自体も、ただの日常ツイートと、

たまにホリエモンなどの名言の引用。

 

その人の顔写真も

ツイートにバンバンのっていたので、

詐欺とかではなさそう(今思うと、だいぶ失礼)。

 

このAさんに相談したら

今の現状を変えられるかもしれない。

 

そう思った僕は、すぐに

 

「飲食店開業したいのですが、

ぜひ相談させてください」

 

ダイレクトメッセージを送ってみました。

 

f:id:shunsuke97:20170514215824j:plain 

すると3日後に返事がきました。

そして3,4通やり取りしたのちに、

 

「年も近いし、私も

料理人のしゅんすけさんの話も聞きたいから

私の相談に乗れる範囲でよければ!」

 

予想外にあっさりと

相談に乗ってもらえることに。

 


Aさんの仕事の商談の合間にカフェで。

という形になりました。

f:id:shunsuke97:20170514163635j:plain

 

実際、SNSを通して人と会うのは初めてだったので

ワクワクと不安が混ざって少し緊張しましたが、

 

話し始めてすぐに普通の好青年という感じのAさんに

安心感を覚えたのを今でも覚えています。

 

Aさんは22歳で大学生だったが、

事業のために休学していて、

 

両親ともに普通のサラリーマン。

笑うとどこにでもいそうな普通の22歳でした。

 

とても気さくで、何も知らない俺に

とても分かりやすくいろんなことを話してくれました。 

 

さすがコンサルタント

教えるのがとにかくうまい。

 

Aさんとの話の中で分かったことは、


・商売は単純な仕組みである。

・商売はスポーツと同じで実践と修正をしながら、

 時間をかけて学ばなければならないスキルである。

 

f:id:shunsuke97:20170514153428j:plain

 

何十年も料理の修行をしても、

開業に失敗する理由が、

料理人のほとんどが”商売”というモノに関して

まったくの初心者であるからだということも含め、

 

話すべてが納得過ぎて衝撃でした。

 

そして話していく中で、

結局実践しないと商売が上達することはない

という結論に至りました。

 

借金をしてでも飲食店をやるしかないのか・・・

 

そう考えて、ちょっと憂鬱になっていました。

 f:id:shunsuke97:20170514164003j:plain

ところで、Aさんはどうやって

商売のスキルを身に着けたの?

 

 

しかし、Aさんが

どうやって商売のスキルを身に着け、

 

経営コンサルを個人でできるまでに

なったのかを聞いたときに、

新たな衝撃が全身を駆け巡りました。

 

Aさんの両親は普通の会社員で、

友達も普通の大学生。

 

お金も一般的な大学生と何ら変わらず、

開業の資金などないはず・・・ 

 

そんな中でAさんは、3年前の

19歳のころから商売を始めた。

 

いったいどうやって?

 

それはインターネット上で。

 

f:id:shunsuke97:20170514150918j:plain

 

インターネットであれば、リアルでの商売より

圧倒的にコストもリスクも下げられる。

 

しかしインターネット上であっても、

商売の仕組みは何も変わらない。

f:id:shunsuke97:20170514154155j:plain

 

そうやってインターネットで

商売のスキルを磨いてきたことによって、

今ではリアルでの事業を

成功させているAさんでした。

 

「まずは店舗を立ち上げるのではなく、

インターネット上で個人レベルで

商売の練習をしてみたらいいんじゃないか。」

 

Aさんにもそういわれ、

コストもリスクもかけないで

会社も辞めずにできる

 

インターネットを活用した

商売を始めることにしました。

 

f:id:shunsuke97:20170514154323j:plain



成長の連続

 

当時の僕は、

家インターネット回線も

パソコンもない状態でした。

 

ローマ字入力は知っていたが

右手の人差し指だけしか使わない感じで

打つ速度は・・・

 

しかし、何とか

文字さえ打てればできるということだったので、

スマホでもできるといわれましたが

この際パソコンを使えるようになりたいとも考え

 

家電量販店で最も低スペックの

3万円ほどのパソコンと、

ネット回線を契約しました。

 

もちろん最初は、

会社にいきながら副業として。

 

ランニングコストはかからないので、

時間的に焦る必要はない。

 

作業も、一週間止めたとしても

それまで積み重ねた作業はネット上に残る。

 

そして、職場の休憩時間でも

家でも、旅行先でも

 

ちょっとした時間さえあれば

何時でも、どこでも作業を進めることができました。

 

f:id:shunsuke97:20170514165413j:plain

 

今まで、単に知識として知っただけだった商売を、

実際に実践することで

どんどん壁にぶつかり、

 

ぶつかってはAさんに相談してどんどん乗り越えました。

f:id:shunsuke97:20170514160754j:plain

 

そうやって着々と

商売のスキルを身に着けて言った僕は、

 

インターネットビジネスを始めてから

3カ月で初めて顧客から現金を受け取って、

商品を提供することに成功しました。

 

この時の嬉しさは今でも鮮明に覚えています。

 

自分で作ったネット場の店舗、

自分で集めた客、

自分で組んだ販売戦略、

自分で作った商品。

 

会社に勤めて言われた仕事をして

毎月決まった日にもらえるお金とは

まったく感覚が違いました。

f:id:shunsuke97:20170514161030j:plain

 

自分の力で、自分自身の商品を提供する。

そして、買ってくれた人から感謝のメッセージや電話。

 

そこに至るまでの苦労も、

その瞬間にすべてが吹き飛んだ気がしました。

 

 

脱サラ

 

その後、売り上げを伸ばして

安定的に利益を出しせるようになってから

会社を退職・・・

 

そんな風には思いませんでした。

 

Aさんが教えてくれた商売は、

まぎれもなく商売だった。

 

小手先のテクニックなど何もない。

簡単なことなど何もない。

 

もっとAさんの知識、スキル、人脈を吸収したい。

 

そう考えた僕は、すぐに辞表をだしました。

f:id:shunsuke97:20170514161141j:plain

 

Aさんのカバン持ちでもいい。

とにかく近くにいるべきだと思いました。

 

「Aさんをメンターにする」

 

Aさんにそれを伝えたのは、

会社を辞めて、都内に家を借りてからでした。

 

Aさんはかなり驚いていたが、

僕の覚悟を買ってくれたのか、

 

「一緒に仕事をしよう。その中で、

俺の知識もスキルも人脈も、盗んでいってくれ!」

 

f:id:shunsuke97:20170514161358j:plain

 

会社を辞めてから

 

Aさんと出会って1年半、

一緒に仕事しだして1年がたちました。

 

Aさんと仕事するようになり、

もともと特別な人間というわけではなく

 

相当な努力をしたからこそ、

いまの成功があるというのをひしひしと感じます。

 

 

僕の現在

 

 

インターネットビジネスを始めてから

1年半たった今でも、収入としては

月に30万円ほどとまだまだ発展途上。

f:id:shunsuke97:20170514165642p:plain

 

30万円というと僕の会社員時代の

2倍くらいなのですが、金は貯まらないんですよね。

 

事業家は、自己投資を惜しまない。

事業投資もする。

 

それと、休みが増えてしまったので

使うタイミングが増えてしまったんです。

 

それと今は、

生活リズムを整えるのはなかなか難しい。

定時もなければ出勤もない。

 

ちょっと飲みすぎた次の日は、

商談等さえなければ寝たいだけ寝れてしまう。

f:id:shunsuke97:20170514205845j:plain

 

彼女や友達と予定を合わせ放題なので、

旅行に行くことも増えて、

f:id:shunsuke97:20170514205446j:plain

 

色んな企業とのかかわりも増えてきて、

この前はAさんとそのほかの事業仲間と一緒に

カンボジアに学校を建てる手伝いもしました。

 

そして、できた学校の

開校式に行くついでに

一週間カンボジアに滞在したり。

 

f:id:shunsuke97:20170514204220j:plainf:id:shunsuke97:20170514204209j:plainf:id:shunsuke97:20170514204218j:plainf:id:shunsuke97:20170514204214j:plain 

 

起業して、一番よかったのは

やはり自分のやりたいことやってるという実感。

f:id:shunsuke97:20170514210139p:plain

 

それと出勤のたびに憂鬱になったり

朝起きるのがツライこともなくなりました。

 

f:id:shunsuke97:20170514205316j:plain

 

売り上げを出し、伸ばす教え子も増えてきた。

 

そういえば、

なんで飲食店やらないで

コンサルとかしてるのかっていうところを

ぜんぜん説明していませんでしたね。

 

それは、こうして

ブログを書く理由の一つにもなります。

 

 

商売を始めたことで

自分が飲食店をやりたいと思ってた

本当の理由がわかりました。

 

それは、他人に認められたいのと、

自分の力で生きていきたいということ、

 

そして最も大事なのが

自分に感謝してくれて、幸せになってくれる人を

いっぱい作りたいということ。

f:id:shunsuke97:20170514170237j:plain

 

昔の俺がそれを達成する手段として

飲食店開業しか知らなかっただけだったので、

いまでは飲食店にこだわっていません。

 

老後の趣味感覚で30歳くらいでカフェは作ります。

f:id:shunsuke97:20170514211621j:plain

 

その努力は報われるか?

 

会社の歯車の一員として、

 

その他大勢一般人として社会貢献することを

否定するつもりは一切ありません。

 

そういう人たちがいるからこそ

今の世界が成り立っているし、

その人たちにはその人たちの幸せがあります。

 

単純に、「僕は違った」というだけ。

  

どうしても自分の人生を

自分の好きなように後悔なく生きたい。

 

そうやって自分の理想を求める中で、

挫折や失敗するのは当然。

 

でも成功すればそういうのは、

ただの過程になります。

いい思い出というやつに。

 

だから僕は、

成功するまであきらめないだけです。

 

f:id:shunsuke97:20170514212157j:plain

 

僕と同じように

自分の理想を追い求める人生にしたい

そういう人は結構いるんじゃないですか?

 

そういう人の、最初のきっかけにでも、

なんなら僕とAさんみたいに

ずっと付き合っていく仕事仲間にでもなれたらと思って

コンサル活動をしています。

 

 

今の日々の先に、

あなたの後悔しない将来はあるか?

 

 

あなたのその努力が報われるのか、

ちゃんと考えてほしいです。

 

今の仕事を続けていく上での限界は、

遅かれ早かれやってくるし、

もう、今の時点で「違う」と

気づいてる人も多いと思います。

 

でも、そこから自分のやりたいことに

どうシフトしたらいいのか、

 

そもそも、やりたいこともないのに

どうやって人生を変えたらしいのか。

 そういう人の力になりたいと思って

このブログを書いています。

 

 

すべては自己責任。

 

 

自分に責任をもって生きしょう。

 

でないと、

「あのとき●●しておけば。。」

死ぬときに後悔するのはあなた自身です。

 

f:id:shunsuke97:20170514212552j:plain

 

長くなりましたが

最後まで読んでいただきまして

ありがとうございました。

 

シュンスケ

 

 

 

P.S.

 

スキル0・人脈0・知識0の高卒サラリーマンだった僕が

自由な時間とお金、理想の人生を手に入れたネットビジネスの知識を凝縮した

 

「All Self‐responsibility 読者限定メルマガ」発行中です。

 

無料で登録できるので、この機会にぜひ。

 

f:id:shunsuke97:20170604141119j:plain

 

 

 

YouTubeもやってます。

1本5分くらいなので隙間時間の有効活用にぜひ。

 ↓ ↓ ↓

www.youtube.com

 

 

こんな感じです⇩

 

www.youtube.com