All Self-responsibility

すべては自己責任。

好きなことは仕事にするな

今日は、

起業とは一見無関係に

思うかもしれない話をする。

 

「好きな仕事」の本当の意味についてだ。

 

最後にちゃんと起業につながるので、

読み始めたら、

絶対最後まで読んでほしい。

 

好きな仕事というと、

f:id:shunsuke97:20170522202618j:plain

「それができたらいいな・・・」

 

と思いながらも、

 

「好きな仕事ができる人なんて

ほんの一握りしかいない」

 

「大変だけど、生きるためには

嫌な仕事に耐えて稼ぐしかない」

 

「てか、好きなことを仕事にしても、

嫌いになるだけ」

f:id:shunsuke97:20170515190115j:plain

と、現実的に考える人がいる。

 

(だからこそ、好きなことをやりたくて

起業という選択肢を選ぶ人は多いのだが)

 

しかし、そう思ったあなたは

「好きな仕事」の意味を勘違いしているだけだ。

 

あなたが何をやりたいか、

どんな仕事をしたいかが

全く見つかっていない状態かもしれない。

f:id:shunsuke97:20170522201144j:plain

そんなあなたが

今回の記事で「好きな仕事」の

本当の意味を知れば、

 

ちゃんと「好きな仕事」を

選択することもできるようになる。

 

そうすれば、サラリーマンになって

周りの同僚が時計をちらちら気にして

「早く帰りたいな・・・」

f:id:shunsuke97:20170522201823j:plain

と思ってるのを横目に

 

「もうこんな時間か!」

「今日も仕事がんばった!」

「明日はこれとこれを終わらせよう!」

f:id:shunsuke97:20170522201939j:plain

と、毎日仕事をすることを楽しみ、

結果もどんどん出て、

その仕事で快感を得ることができる。

 

「好きな仕事」とは

 

「好きな仕事」の本当の意味とはズバリ、

「達成感を味わえる仕事」という意味だ。

 

多くの人の勘違いは、

好きな仕事に就いたら

 

辛いこともあまりなく、

毎日仕事が楽しくて

仕事に行くたびに憂鬱になったり、

嫌味な上司や使えない部下に

頭を悩まされることもない

 

と思ってることだ。

 

そんな仕事はない。

 

一つ、想像してみよう。

 

プロ野球選手のイチローは、

好きな仕事をしてるといえる。

f:id:shunsuke97:20170522202144j:plain

では、イチローの生活は

 

辛いこともあまりなく、

毎日仕事が楽しくて

仕事に行くたびに憂鬱になったり、

嫌味な上司や使えない部下に

頭を悩まされることもない

 

そんなものだと思うだろうか?

 

そんなことはない。

 

辛いこともあるし、

結果が出なくて悩むこともあると思う。

f:id:shunsuke97:20170515190251j:plain

今日は練習休みたいと逃げたくなることは

まったくないと思えない。

f:id:shunsuke97:20170522203148p:plain

監督との衝突もあるだろうし、

チームメイトにも嫌いな人はいるだろう。

f:id:shunsuke97:20170522203827j:plain

そう、

「好きな仕事」は楽ではない。

 

辛く、大変な仕事を乗り越え、

最高の達成感を得る。

 

それができる仕事が、

「好きな仕事」だ。

f:id:shunsuke97:20170522204004j:plain

 

仕事=スポーツだ。

 

いくら好きなスポーツでも、

練習はつらい。

 

結果が出なければ辞めたくもなる。

チームメイトにいじめられるかもしれない。

 

でも、「好きなスポーツ」だろ?

 

快感の瞬間のために

辛いことを耐え抜く。

 

要するに、その仕事に情熱を持てるか。

f:id:shunsuke97:20170522204058j:plain

多くのサラリーマンが

情熱を持てないのは、

 

「やらされてる」

という感覚だからだ。

f:id:shunsuke97:20170522204226j:plain

はっきりいって

みんなが起業をしたがるのは、

やらされるのが嫌だから。

 

そして、起業して

仕事に充実感を得る人が多い理由は、

自分で選んでやってるから。

f:id:shunsuke97:20170522210338j:plain

冷静に考えて、

起業して自分で事業を起こすのは

かなり大変だ。

 

手を抜くこともできないし、

うまくいかなければ金は入らない。

 

社会的信用もなければ、

成功するまでは周りに白い目で見られる。

f:id:shunsuke97:20170514213912j:plain

それでも、

それは「好きな仕事」だ。

楽しいのだ。快感だ。

 

「今日は練習さぼろう」

「適当に流しとこう」

「別に負けてもいいや」

 

スポーツで手を抜くと

絶対につまらなくなる。

 

「練習や済みたいけど頑張ろう」

「コンディション悪いけど

全力でやろう」

「絶対勝つ!」

 

スポーツやるならこれが絶対楽しい。

 

仕事もそういうことなのだ。

 

手を抜いたら逆に疲れる。

 

「好きな仕事」=「達成感」

f:id:shunsuke97:20170514161030j:plain

楽な仕事はない。

辛い先の達成感を得るために

全力を尽くせる仕事を見つければいい。

 

でも、どうしても

サラリーマンという立場だと

自主性を見失いやすくなる。

 

頑張って、結果を出して

それをちゃんと

評価してくれる会社でないといけないし、

 

上司、同僚が

いやいや仕事をしてたら最悪だ。

 

環境の力は強力。

 

強豪校の部活は強いし、

適当な部活は適当だ。

f:id:shunsuke97:20170522204619j:plain

だから、みんなが生き生きと

仕事してる会社を見つけないといけない。

 

でもそんな会社が少ないし、

入社するのは高学歴でないかもしれないし、

あなたがその会社を

見つけられる確率はかなり低いだろう。

f:id:shunsuke97:20170522204946g:plain

 

では、紙とペンを用意して

 

まずはあなたが

日常で我慢して、達成感を得られることを

一つ書き出してみよう。

 

その感覚を知ることで

「楽」よりも「快楽」を求める

成功者マインドに一歩近づけるだろう。

f:id:shunsuke97:20170522205404j:plain

今日も最後まで読んでくれてありがとう。

 

 

 

P.S.

 

スキル0・人脈0・知識0の高卒サラリーマンだった僕が

自由な時間とお金、理想の人生を手に入れたネットビジネスの知識を凝縮した

 

「All Self‐responsibility 読者限定メルマガ」発行中です。

 

無料で登録できるので、この機会にぜひ。

 

f:id:shunsuke97:20170604141119j:plain

 

 

 

 

YouTubeもやってます。

1本5分くらいなので隙間時間の有効活用にぜひ。

 

YouTube視聴はこちらをクリック☜

 

こんな感じです⇩

 

www.youtube.com