All Self-responsibility

すべては自己責任。

起業を志すあなたを襲う「悪魔のささやき」

f:id:shunsuke97:20170724163426p:plain

 

こんにちは、シュンスケです。

 

今日は「悪魔のささやき」について話します。

 

起業や開業を考えてる人の多くが

この悪魔のささやきによって

人生を台無しにします。

 

この悪魔のささやきに

逆らうことができないのです。

 

というか、その声が

悪魔の声だということに気づきません。

 

この悪魔のささやきが何かを

あらかじめ知っておけば

 

このささやきが聞こえた時に

「あ、こいつか」と気づき

そんな言葉に惑わされなくて済みます。

 

そして起業、開業、

あなたの理想を追い求め、

 

脱サラを実現させたり

 

f:id:shunsuke97:20170514161141j:plain

朝起きた瞬間に

「そうだ、京都行こう。」ができたり

 

f:id:shunsuke97:20170724175122j:plain

帰宅ラッシュの満員電車で

押しつぶされる人を憐みの目で見ながら

f:id:shunsuke97:20170724175620j:plain

あなたはタクシーで

快適な移動を手に入れてください。

f:id:shunsuke97:20170724175740j:plain

 

 

さて、悪魔のささやきとは何か。

 

それは、

 

「まだ早い、今じゃない」

 

 

世の中、起業したいとか

ノマドワーカーになりたいということを

考えてる人は結構います。

 

そして起業に向けて

ネットで調べたり本を読んだり、

 準備をします。

 

そして起業するタイミングを

今か今かと考えています。

 

20歳。

冷静に考えたら、早く起業することが一番リスクがないのですが、ここで悪魔がささやきます。「まだ早すぎる」

 

 

25歳。

働き出して3年もたてば、その仕事の先に自分の理想の生活を手に入れられるかはわかります。そして、無理だということも。分かった時点で早急に方向転換しなければなりませんが、悪魔はささやきます。「もうちょっと待て」

 

 

30歳。

10年も仕事をしていると、その仕事が辛かろうがつまらなかろうが、惰性で楽になります。職場での地位も上がり、なんだか楽しいとさえ感じます。「まだ独立はいいや。様子を見よう」

 

35歳。

結婚、育児、住宅ローン。今の安定した仕事を手放すことがかなりのリスクになってしまいました。「もうちょっと落ち着いてから考えよう」

 

そして40歳、50歳、60歳・・・

 

 

起業準備中で終わります。

 

「まだ早い、もうちょっと待とう」

 

よーく考えてみてください。

 

なんで早いんですか?

もうちょっと待ったら何が変わるんですか?

f:id:shunsuke97:20170724174957j:plain

できるときにやる。

今すぐやると決意できなければ、

この先も一生できないですよ。

 

そんなことないって?

みんなそういって、結局やれません。

 

やる意思はあったとしても、

病気になったり、親が突然介護になったりして

 

やりたくても出来なくなってしまった人を

何人も見てきました。

 

f:id:shunsuke97:20170515190251j:plain

 

あなたが本気でやりたいこと、

目指したい未来があるのなら、

 

「悪魔のささやき」なんかに惑わされず

今すぐ行動してください。

 

 

 

 

 

 

 

P.S.

 

スキル0・人脈0・知識0の高卒サラリーマンだった僕が

自由な時間とお金、理想の人生を手に入れたネットビジネスの知識を凝縮した

 

「All Self‐responsibility 読者限定メルマガ」発行中です。

 

無料で登録できるので、この機会にぜひ。

 

f:id:shunsuke97:20170604141119j:plain

 

 

 

YouTubeもやってます。

1本5分くらいなので隙間時間の有効活用にぜひ。

 

YouTube視聴はこちらをクリック☜

 

こんな感じです⇩

 

www.youtube.com